【11月15日スゴ腕の専門外来】NK活性とNK細胞の免疫は、R-1乳酸菌ヨーグルトで!

   

11月15日の放送「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP」で紹介された「免疫とNK活性をアップさせる方法」。

順天堂大学大学院医学研究科の竹田和由准教授が、そのやり方を教えてくれました。

「スポンサーリンク」

 

NK細胞がガン抑制に重要

最近ニュースでも注目されている「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」。

毎日体の中で発生しているガン細胞は駆逐する役割など、腸内環境の免疫に役立つと言われています。

しかし残念ながら、NK細胞のNK活性は10代後半がピークで、年が行くと共に落ちてしまうのです。

NK活性を下げないために注意すること

過度な運動をしない

免疫力を高める効果があるからと言って、過度に運動するとNK活性が下がる原因になります。

それは、激しい運動は体に大きな負担を与えるので、逆に免疫機能がうまく働かなくなってしまうためです。

体の細胞の一つ「NK細胞」というリンパ球は、ウイルスやがん細胞を見つけて攻撃する役割があり、激しい運動や長時間の運動によってNK細胞の活動が著しく低下するといわれています。

また激しい運動をするより、継続的に運動をするほうが、NK細胞の働きが活発になるそうです。

過度なストレスに気をつける

精神的ストレスや身体的ストレスが多い現代社会ですが、学校や会社など受け身のストレスを受けると、NK活性が下がることが分かっています。

新幹線や通勤電車などの移動が免疫力を低下させる原因になっていて、長時間の移動の後や繰り返す移動の後はNK活性を測定すると免疫力が低下しています。

「スポンサーリンク」

 

NK活性を上げる方法

笑いは健康の元

病気の発症を防いでくれNK細胞の活性化には、「笑い」が効果的であることが考えられています。

ある実験では、笑う前に基準値以下だった人でも「笑う」行動を続けると、全員が基準値以上になったという結果が発表されています。

心から大声を上げて笑うことが大事で、どや顔もNK活性を上げてくれるそうです。

 

食べ物もNK活性の改善方法

NK活性を上げる食べ物は、キノコ、納豆、ヨーグルトで、免疫力を高める効果があります。

食物繊維は乳酸菌のエサになるので、ヨーグルトなどの乳酸菌だではなく、食物繊維と組み合わせるのが効果的な摂り方です。

一日に摂りたい量は、ヨーグルトは1日1個程度だそうなので、毎日の週間に是非取り入れたいですね。

ヨーグルトの中でも、特にR-1乳酸菌ヨーグルトが効果があるとのことでした。

キノコは食べきれないくらいの量が必要ですが、食事はNK活性対策のためだけではないので、健康のために必要な量を摂取してきたいものです。

「スポンサーリンク」

運営者情報

 - 健康・食事, 健康・食事・美容