【11月15日スゴ腕の専門外来】便秘解消!ねじれ腸マッサージの方法!

      2017/01/31

11月15日放送の「スゴ腕の専門外来SP第7弾」。

便秘対策のスペシャリストとして、久里浜医療センターの水上健先生が登場されました。

水上先生は初診3か月待ちのドクターで、腸の専門医。

便秘になったからと言って、安易に下剤に頼るのは危険だということです。

下剤には腸の神経を麻痺させる成分が含まれていて、飲み続けると本当に腸が動かない状態になり、慢性便秘になってしまいます。

そして便秘の原因には、日本人特有の原因があると言うのです。

「スポンサーリンク」

 

日本人特有の便秘と便秘体質

その理由は、日本人の約8割は腸がねじれた状態である「ねじれ腸」になっていて、便秘になりやすい体質になってしまうのだそう。

腸が正常な形だと便はスムーズに流れるのですが、腸がねじれてしまうと、ソーセージの端が閉じられているように便が通りにくくなってしまいます。

そして、便が詰まったところで腸壁が伸びきってしまい、身体への悪影響になる可能性が高まるのです。

驚くべきことに、腸の長さが3倍にもなる人がいるのだとか!

日頃からスポーツをしている人は便秘になりにくく、スポーツをしない人で「ねじれ腸」になっている人は便秘になりやすいということです。

そして腸の動きが鈍くなってしまい、便が出切らずに「宿便」として溜まってしまうため、慢性的な便秘になってしまうのです。

「スポンサーリンク」

 

ねじれ腸でも快便! 1分間セルフ腸もみマッサージ

ねじれ腸でも1分マッサージするだけで、便秘解消効果のある方法は、朝起き上がる前にやると効果的です。

①仰向けに寝てひざを曲げます

①恥骨辺りを上にさすります

③恥骨辺りを上に向かってさすります

②恥骨の中にある腸を、1分ほど優しく触るように刺激します

「スポンサーリンク」

運営者情報

 - 健康・食事, 健康・食事・美容