PMS(月経前症候群)をチェック!生理前の便秘、イライラ、肌荒れ症状別治し方

      2016/09/03

生理前になるとイライラしたり、吹き出物ができる、だるくなるなどの症状が悪化するのがPMS(月経前症候群)です。

その他にも体がむくんだり、生理前だけ便秘になる、生理前には肌荒れでいつもの化粧品が使いづらい、など美容にも影響するトラブルが起こりやすくなります。

PMSが生理前におこりやすいのは、黄体ホルモン(プロゲステロン)が自律神経や皮膚分泌に影響を与えるからではと考えられています。

体と心のトラブルになるPMSですが、その仕組みを知っておくことでうまくコントロールできるんです。

生理前に起きる月経前症候群の症状になっていないかチェックして、PMSと頭を悩ませる症状ごとに対策を立てましょう。

 

どうしてPMS(月経前症候群)になるの?

子育て 育児
生理が終わった後は、排卵に向けて女性ホルモンの1つ「卵胞ホルモン」がたくさん分泌される時期です。

だから生理のあと1週間ぐらいは、頭もスッキリ、身も心も軽やかになります。

卵胞ホルモンの分泌がピークになった頃、卵巣の中で最も育った卵胞が選ばれて、発育を続けます。

卵胞とは卵子を包み込んだもので、卵巣の中でおよそ2センチ位の大きさまで育った後、破裂してポンと卵子が飛び出ます。

これが「排卵」と呼ばれるものです。

排卵後から次の生理が始まるまでの時期は、黄体ホルモン(エストロゲン)と言う女性ホルモンの分泌が高くなります。

この時、訳もなくイライラする、落ち込む、体がむくむ、肌荒れになるなど様々な生理前の症状が出てきやすくなります。

 

PMS (月経前症候群)はいつから? どれぐらいの期間なの?

英語の子育てと育児英会話。
「PMS (月経前症候群)」は生理の2週間前から生理直前までに起こる症状で、黄体ホルモンが自律神経や皮膚分泌に影響を与えたり、体に水分や栄養をため込もうとするのが原因ではと考えられています。

具合が悪くなる時期は人それぞれで、生理の1週間前からずっとつらい人もいれば、生理の始まる直前だけ不調が起こる人など様々です。

また人により症状が違っています。
<h2>PMS診断でセルフチェックしてみよう

生理の2週間前から生理直前までに次のような症状がある場合は、PMSの可能性があります。

自分に当てはまるかチェックしてみましょう。

【PMS (月経前症候群)診断セルフチェック】

●お腹が張って便秘がちになる
●吐き気や頭痛がする
●顔や手足がむくむ
●乳房が張って痛くなる
●肌荒れしたり、ニキビや吹き出物ができる
●頭皮がべたべたする
●甘いお菓子が無性に食べたくなる
●こってりしたラーメンを訳もなく食べたくなる
●イライラする、むしゃくしゃする
●家族や友人とよく喧嘩になる
●落ち込みやすい
●簡単なことで、くじけそうなる

いかがでしたか?

当てはまる症状が長く続いているなら、しっかりとケアして生理前の不調から抜け出しましょう。

 

PMSの様々な症状に効くマカ

cooking-1013455_960_720

PMSでイライラする、疲れやすい、血の巡りが悪いなど乱れた体の悩みを、良いリズムに戻してくれるのがスーパーフード「マカ」です。

アブラナ科の根菜のマカには豊富なアミノ酸、ミネラル、栄養素が含まれていて、活性酸素のバランスを整えて、体の隅々まで巡りを良くする効果があります。

そのマカとニンニクを同時発酵して熟成させたのがmacani(マカニ)で、PMSの症状に悩む女性の疲労回復や勢力増強に効くサプリメントです。

マカには自律神経系、知覚系、皮膚や分泌系の改善に効果が期待できるだけでなく、生理前に不安定となるホルモンバランスを整えてくれます。

>>>女性の声から生まれた今話題のスーパーフードmacani(マカニ)

macani(マカニ)は次のPMS特有の症状に効果が期待できるので、
●食事や生活習慣を改善してもPMSが軽くならない
●少しでも早く、PMSのつらさを治したい
●PMSだけでなく、日ごろの女性特有の悩みを改善したい
などの場合は、早めに始めるのをおススメします。

PMSも生理の悩みから早くラクになりたいなら、できるだけ早く取り組みましょう。

macani(マカニ)は、初回限定980円(定価4,500円 78%引 送料無料 税抜き)で気軽にトライできます。

 

PMSの症状①:イライラする、落ち込む

laptop-943559_960_720

日ごろからたくさんのストレスを抱えこんでいる人は、月経前にイライラや落ち込んだりといったメンタルな症状が強く出る傾向にあります。

会社や家庭のストレスを発散する方法を見つけて、自分を責めたり、責任感を感じすぎないように心がけるのが大切です。

  対 策  

PMSは感情的な周期が決まっているので、最初はスケジュール帳などに生理の始まりと終わりを記入しておいて、生理の何日位前からPMSの状態になっているか把握することから始めます。

PMSの時期には自宅でゆっくりする、しっかり睡眠をとる、プレッシャーになりやすい用事などを避けるなどして、心がリラックスするように環境を整えましょう。

  摂りたい食品  

●かつお、レバー、ナッツ類、海藻類:
カルシウム(イライラの緩和)やマグネシウム(血圧を正常に保つ)を食べて、情緒不安定を和らげましょう。

●豆腐、豆乳、きな粉:
女性ホルモンに似た働きのあるイソフラボンで、ホルモンバランスを整えましょう。

 

PMSの症状②:ニキビ、肌荒れ

young-woman-1149643_960_720

排卵後に分泌が高まる黄体ホルモンは、男性ホルモンに似た働きがあります。

そのため皮脂の分泌つが活発になって、肌がべた付いたり、毛穴が詰まってニキビや吹き出物が出やすくなるのです。

生理の前だけ、肌につける乳液や化粧水を油分の少ないさっぱり系のものに変えて皮脂量を整えてあげるなど、スキンケア対策をしましょう。

顔や体と同じように、頭皮も黄体ホルモンの働きで皮脂か分泌量が増えて、髪の毛がべたつきがちになるときは、PMS専用のシャンプーがお勧めです。

肌が敏感になっている時期でもあるので、新しい化粧品を試したり、ヘアカラーリングなど肌の負担になることは避ける方が良いでしょう。

  PMS専用のシャンプー  

生理前のイライラに新習慣「月のおまもり」
PMS(月経前症候群)に悩む女性向けのノンシリコンのアミノ酸シャンプーで、生理前のイライラの時期を癒やす月見草、レモングラスなど「10種類の植物油」を配合。
日経流通新聞やヤフーニュースなど各種メディアでも紹介された商品です。

 

PMSの症状③:顔や手足のむくみ

legs-434918_960_720

黄体ホルモンには、体中の細胞に水分を引き込もうとする働きがあり、その影響で体の水分代謝が滞ってしまい、顔や手足がむくみやすくなります。

体がむくむので水分をとらない人がいますがそれは間違いで、全身の代謝を高めるためにたくさん水分を取り、体をしっかり動かすことがむくみ防止につながります。

全身の血行が悪くなって新陳代謝も下がり、体内の水分が排出されにくくなってむくみがおこります。

むくみのサイクルは、生理前も生理中も一般的なむくみも同じで、普段からむくみ体質なら、利尿作用でむくみ体質を改善して体のリズムを整えるサプリがおススメです。
>>>【メグリスリコピンプラス】

  控えたい食品  

塩分、アルコール

  摂りたい食品  

乾燥豆(大豆・黒豆・小豆など)、海苔、あさり、木の実、全粒粉、スイカ、メロン、冬瓜:
カリウムは、むくみの原因となるナトリウム(塩分)を、尿に排出する作用があります。

 

PMSの症状④:便秘

便秘の原因は、腸内環境が悪い、運動不足、水分が足りないなどが考えられます。

生理の2週間前から増える黄体ホルモンの影響で、腸の働きが鈍くなったり、体の中の水分が足りなくなって便が硬くなった結果、便秘気味になります。

いつも以上にしっかり水分をとって、ほどよい運動をして体のバランスを整えるのが大切です。

おへそ周りを「の」の字を描くように擦ったり、お腹周りを動かして腸に刺激を与えてあげると、便秘が解消されやすいですよ。

  摂りたい食品  

果物(プルーン、バナナ)、海藻類、ヨーグルト、発酵食品、野菜:
繊維質のものをたくさん食べて、発酵食品で胃腸の調子を整えましょう。

 

PMSの症状⑤:眠気、やる気が出ない

light-1265541_960_720

黄体ホルモンには基礎体温を高くして、自律神経の1つで体を落ち着かせる副交換神経を高める働きがあります。

生理前の眠気や集中力が落ちるのは、この副交換神経が働いて、夜寝る前の状態になっているのと同じです。

こんな時は女性ホルモンの専門家が考えたアロマオイルが、目覚ましに活躍します。

好みのアロマオイルを蒸しタオルに垂らして目もとに当て、リフレッシュ効果で眠気をスッキリさせましょう。

 

PMSの症状⑥:食べ過ぎ、過食

abstract-1238247_960_720

「生理前になると食べ過ぎてしまう」「無性に甘いものが欲しくなる」「ラーメン屋に通いたくなる」など、気持ちが食べ物に向いてしまうのは、生理前のメンタルストレスのせいです。

食べ物への欲求が強まってしまうのは、生理前はイライラや落ち込みなどストレスを強く感じてしまうから。

その憂さ晴らしに、身近なストレス解消として「食べること」に走ってしまうのです。

美容や健康に差し障りのない程度だと、ストレス解消に食べたいもの食べても構いません。

自分の体と気持ちにしっかりと向かい合ってあげるのが、PMSを上手に乗り切る方法です。

食べ物以外でストレスが発散できるようなら、スポーツやショッピングなど別のところに目を向けると良いでしょう。

こままご
この記事はお役に立てましたでしょうか?
過ごしやすくなってきましたね!子育て、頑張ってね! 

運営者情報

 - 健康・食事・美容, 産後ケア