モグニャンキャットフードは危険?愛猫が死んだ口コミが!?

      2017/06/01

モグニャンキャットフード,危険

モグニャンキャットフード危険」なのかどうか、このサイトで検証してみたいと思います。

というのは、モグニャンキャットフードが危険だと思っている飼い主さんが多く、愛猫が死んだと言う口コミがあるらしいのです。

そんな危険なキャットフードを、大切な愛猫に食べさせるわけにはいきません。

そこで楽天やアマゾン、公式サイトの口コミを隅から隅まで探してみましたが、「モグニャンキャットフードで愛猫が死んだ」と言う口コミはありませんでした。

どうしてそんなデマが広がったのか分かりませんが、モグニャンキャットフードは最近販売数を急激に伸ばしている人気のフードなので、同業他社が危機感を感じてステマ(やらせの広告)をしてるのかもしれないですね。

でも本当に危険がないのかどうか、気になるので調べてみました。

 

モグニャンキャットフードの危険度は?

猫の体に悪いとされる原材料には、
4Dミート・・・食用にならないくず肉、死体肉、病気肉
トウモロコシや麦類などの穀物・・・猫の体に負担がかかる
合成保存料・・・発がん性がある
があります。

これらの原材料が入っているフードを食べさせると危険性が高まるのは、賢い飼い主さんなら分かりますよね。

死体肉や病気にかかった肉…、こんな危険な原料の4Dミートで作られているフードが存在すること自体、恐ろしいですよね。

こんな材料で作られたフードを食べさせていたら、「キャットフードで愛猫が死んだ」なんてデマが出ても仕方がないように思いませんか?。

合成保存料には人間が口にしてはいけない種類のものがあって、それを身体の小さいネコちゃんが食べて危険性がないはずがありません。

特に合成保存料のBHAやBHT、特にエトキシキンは毒性の強い添加物で非常に危険です。

でもモグニャンキャットフードの材料は白身魚(63%)や果物などで、危険とされる原材料を使っていません。

もちろん、死体肉や病気肉など人間が口にしてはいけない材料は一切入ってない、安全なキャットフードです。

内臓に負担がかかる穀物不使用なので、ウンチのにおいや量が少なくなったという口コミも多いです。

フードは長い年月摂取するものなので、危険な成分がわずかな量でも食べ続けると毒物が蓄積されてしまうので、健康被害につながることも考えられます。

ネコちゃんの健康と長生きのために、品質の良い素材で作られたキャットフードを選んであげたいですよね。

>>愛猫が長生きするモグニャンキャットフード公式サイト

 

モグニャンキャットフードの最安値は、公式サイト

モグニャンキャットフード

 

キャットフードはずっと購入していくものなので、少しでも安くお得に購入したいですよね。

モグニャンキャットフードは楽天市場では取り扱いがなく、Amazonは定価販売になります。

ホームセンターやペットショップでも取り扱いがなくて、モグニャンキャットフードは公式サイトで購入するのが一番お得です。

公式サイトなら1袋で10%引き、複数購入で25%まで割引や送料無料のサービスが受けられる特典があります。

愛猫の健康や食いつきを考えるなら、栄養たっぷり、危険な材料を全く使っていない安全なフードを安心して与えてあげたいですね。

モグニャンキャットフードの公式サイトで、詳しい成分などを確認してくださいね!

>>モグニャン10%OFF!最安値で買えるサイトはコチラ

運営者情報

 - ライフスタイル, 生活・インテリア