子供の英語教育に不安な「英語が話せない親」5つの工夫

      2016/08/09

子育ては、トライアンドエラーの連続。
分かっていても、失敗したくない気持ちが先走ります。

英語教育に限らず、可愛いわが子だからこそ、良い子に成長して欲しい、立派に育って欲しいと思いますよね。

でも、子育てに大切なのは「期待しすぎないこと」

教育に熱心な親ほど、「効果を早く見たい!」と効果を期待しがちです。
過剰な期待が態度や言葉に出てしまうこともあるので気をつけましょう。

子供に、プレッシャーやストレスを与えない。
のんびりゆったりした気持ちで、英語の子育てを取り組んでみましょう。

英語が話せないなら、子供と一緒に成長すれば良いのです

英語の子育てと育児英会話。

何より大切なのは、パパママが子供のために時間を作って、子供を導いてあげることです。

「英語がある生活があっているかどうか」「子供の性格が英語に向いているかどうか」などは、頭で考えただけではわかりませんよね。
あれこれ考えるよりも、まずは行動です!

未来があるお子さんを、英語のワンダーランドに導いてあげてください。

 

① 子供の気持ちを、一番に考えて。

子供は子供なりに一生懸命考え、いろんなことを感じます。
英語の子育てに限らず、親の希望や願いを子供に押し付けないようにしましょう。

英語を嫌がるときは、無理強いせず、そっと見守るのも親心です。
子供はころころ気が変わりやすいので、英語を学ぶタイミングを子供の気持ちに合わせてあげられるといいですね。

かりん
難しいと思う英語は、無理に話さなくて大丈夫です。
親の英語ができない気持ちと、子供が英語をしたくない気持ちを重ねてあげましょう。

 

② たくさん褒めてあげましょう。

子供が英語に興味をもったら、「英語は楽しいね。」と笑顔で声をかけてあげましょう。

英語に慣れるまでは、発音や表現などが正しくなくても、間違いを直さなくても大丈夫。
小さなことにこだわらず、身体いっぱいで英語を楽しむことを優先させてあげてくださいね。

子供は、ほめられることが大好きです。
小さなことでも、気がついたことをたくさん褒めてあげると、英語の自信がつきます。

そのうれしい気持ちは、英語に対する欲をどんどん大きくしてくれますよ。

かりん
Good job!(よくできたね!) Good boy!(おりこうさんね!)など、簡単な英語でほめてあげましょう。

 

③ 子供と一緒に楽しむ気持ちで!

かわいらしい動画や音楽、絵本やゲームも、子供がいるから楽しめることですよね。

家事や育児で時間の余裕がない毎日でも、子供と接する時は、親が楽しむつもりで英語にふれましょう。

子供は親の気持ちに敏感です。
親が楽しんでいると、子供も楽しく時間を過ごしてくれますよ。

かりん
単語カードや簡単なゲームは、親も英語を学ぶチャンスです。
子供と一緒に勉強しながら、語彙を増やせばいいですよ。

 

④ 他人の意見や批判を気にしない

英語の子育ては、それぞれの家で方法が違うし、子供の年齢や目標によっても、取り組み方が変わってきます。
成長や取り組みの成果を他の家と比べたり、兄弟同士で見比べないように気をつけましょう。

人の意見を聞くことも大切ですが、子供の一番の理解者は、親であるパパとママです。
不安にならず、自分達の教育方針を信じて子育てしましょう。

かりん
英語が話せないのに、英語の子育てにチャレンジするのは立派です。
悩んだり、試行錯誤することもたくさんあると思いますが、自分達のやり方を信じましょう!

 

⑤ 途中で投げ出さないこと。継続は力です!

家で英語DVDや音楽CDをかけているだけだと、飽きてくることもあるでしょう。
そんなときは、英語サークルやイベント、体験レッスンなどに参加してみましょう。

英語の習得は、日々の積み重ねが大切です。
そして、英語学習の効果がでるまで、何年もの月日がかかります。

英語を取り入れた子育ては、大変だと感じることもあるかもしれません。
でも頑張り続けていけば、きっと成果につながります。

かりん
親が英語ができないのは、コンプレックスではありません。
子育ては、英語を初歩から学べるチャンスです。子供と一緒に英語の自信を付けていきましょう。

運営者情報

 - 英語の子育て法 , , ,