ガッテン流アンチエイジング術はNASA直伝。耳石刺激で老化現象防止!【11月16日】

      2017/01/31

11月16日のガッテンは、NASA直伝のアンチエイジング術、それは「耳石(じせき)」。

体の老化現象を遅らせて若々しい身体作りをする方法として、耳石(じせき)を刺激する方法が紹介されました。

それは、宇宙開発で世界のトップを走るNASA直伝というもの。

 

ガッテン流老化対策、アンチエイジング術

毎週、様々な問題を検証してためすガッテンですが、今週は「アンチエイジング」のガッテンです!

11月16日は、誰もが気になるアンチエイジング、健康で若々しくがテーマです。

アンチエイジングでもっとも大切なのは、老化現象を抑えること。

加齢と共に悩みとなる身体のトラブル、関節や節々の痛み、長年の癖が原因となる生活習慣病、シワやたるみなどの肌トラブルなど、それらは全て老化現象によるもの。

「スポンサーリンク」

 

クレオパトラや始皇帝など遠い昔から、人類永遠のテーマとなっているのが「老化対策」なのです。

そして現在、科学技術の最先端のがアンチエイジング術が、ガッテンで紹介されました。

しかもその方法が、知る前でも「ガッテン」したくなる…

 

NASA直伝!

NASA直伝のガッテン流アンチエイジング術、これは効きそうです!

宇宙飛行士は老化現象が早いことからNASAが原因を調査、そしてたどり着いた老化防止プログラムをアンチエイジングに取り入れた方法が紹介されました。

無重力状態の宇宙で生活すると、筋力や骨量(骨密度)が低下する老化が現われて、地球にいた時の10倍も老化が進んでしまうのだそう。

そしてその原因となるのが…

 

耳石(じせき)

耳石(じせき)という、人の耳の中・三半規管の近くで内耳にある器官でした。

 

耳石は身体の傾きと同じように動いて、身体の位置や動くスピードなどを把握するものですが、重力を感じる機能も大切な役目です。

無重力状態では耳石が浮いて、本来の役目が低下してしまいます。

宇宙で無重力状態を過ごした宇宙飛行士は、平衡感覚をつかさどるはずの耳石の機能が衰えて、自分の身体をコントロールできずに転倒することがあるのだとか。

そして、宇宙にいると影響を受けやすい「耳石の機能低下が老化スピードと深く関係している」と介されました。

「スポンサーリンク」

 

私達の生活で耳石の機能低下となるのが、座り続けること。

耳石が動かない状態が続き、無重力の宇宙と同じようになってしまうのだそうです。

耳石による感覚系が誤動作を起こすことで起こるめまいや自律神経の低下、そして老化の原因になる免疫力の低下や代謝異常を引き起こしてしまうのです。

アメリカの研究で「1時間座ると寿命が22分縮む」との結果が報告されているように、長時間のデスクワークは様々な恐ろしい病気のリスクを上げることになります。

つまり、重力がある状態でも耳石が刺激されないと、宇宙飛行士と同じように加齢が進んでいくと言うわけなのです。

そして、老化防止ができるNASA直伝の若返りの方法が…

 

30分ごとに立ち上がるだけ

「立ちあがる」動作で頭が前後左右上下に動いて、耳石を効率的に動かすことができるのです。

 

番組中の実験では、中性脂肪が15%減少・悪玉コレステロールが5%減少、逆に善玉コレステロールが11%も増加するという驚くべき結果が!

つまり耳石を刺激することで細胞が活性化、それによって老化が防止できると言うわけです。

動くことで筋力や骨量(骨密度)の増加が期待されること、代謝もアップできるので脂肪やコレステロールを燃焼し易くなるので、ダイエットができるといううれしい側面もあるようです。

まとめ

11月16日のガッテン「アンチエイジング」をまとめると…

・老化防止策に効くNASA直伝アンチエイジング術が紹介!
・耳石を刺激することで、身体の機能を正常化!
・それは、30分に一度立ち上がるだけ!

というものでした。

「スポンサーリンク」

運営者情報

 - 健康・食事, 健康・食事・美容