【その原因Xにあり11月18日】老け声解消(かすれる・低い) 息ごらえエクササイズ!声のアンチエイジング!

   

人は声から若返る

 
11月18日放送 その原因Xにありは「アンチエイジング」。

年齢が高くなると、声がかすれる、低くなるなどの声老け(声の老化)になってしまいます。

見た目と同じように年齢を感じる「声」。

それを若返らせるトレーニング「両手をオペラ歌手のように前で組んでする方法」も紹介されました。

「スポンサーリンク」

 

老け声(かすれ・低い)

声で受ける印象が違ってしまいく、同じ年齢でも10歳~20歳も印象が違うのが声の若さです。

30代~60代の女性500人に、年齢より老けて感じる声のイメージとして、かすれ声や低い声が気になると指摘がありました。

その原因となるのは…

 

声帯のたるみ

老け声を改善する息ごらえエクササイズでを声帯を鍛える方法が紹介されています。

声は、声帯が震えて音が発生して声になるものです。

しかし、声帯がたるむことで、振動数が少なくなるため、低い声が出てしまうのです。

女性は1秒間に240回ほど振動して高い声を出すのが、老け声の女性は140ヘルツまで振動数が減少。

その音域は、男性の100~120ヘルツに近い値、すなわち男性のような太い声になってしまいます。

 

声帯のたるみ

声帯は筋肉と粘膜でできた器官なので、老化とともに筋肉は落ちて、粘膜は肌のようにたるんでしまうのが原因です。

声帯のたるみのチェック方法は、「あー」と声を長く出すこと。

その声の続く時間が、
・男性なら15秒
・女性なら12秒
以上なら、声帯がしっかり閉じて、声漏れは多くないのだそうです。

「スポンサーリンク」

 

声のかすれ

おまけに、たるむことが原因で隙間ができ、そこから息が漏れるのでかすれ声になってしまいます。

若い時は声帯はきっちりと閉じているので、声がかすれることはありません。

 

息ごらえエクササイズ

老け声を改善するトレーニングとして「息ごらえエクササイズ」が紹介されました。

やり方は…

①胸の前で手のひらを組み(甲は上下向き)、大きく息を吸います。
②両手を左右に引っ張り、5秒息をこらえる
③5秒こらえたら、ゆっくり息を吐いてリラックス

これを10回くらい返します。

朝昼晩で3セット行ってください。

番組では、3週間続けた結果、隙間のあった声帯が閉じるように改善されました。

声の印象をグッと若返らせることができて、さらには認知症の予防にも効果があります。

その他の声の老化対策には喉の潤いも大切だそうで…

・入浴で蒸気を吸う
・加湿器の湿度で乾燥を防ぐ

なども、効果をアップさせるとのことでした。

「スポンサーリンク」

運営者情報

 - 健康・食事, 健康・食事・美容