子供の英語。話せない親に必要な英語レベルとは?

      2016/09/07

育児英語に興味のあるパパママに、最初に立ちはだかるのが「親の英語の実力」。

「日本語なまりの英語の発音しかできないのに、そんな英語を子供に教えていいの?」
「語りかけ英語や、英語で子育てしてみたいけど、話せないし…。」

あなたがそんな風に思っているなら、英語が話せない、英語に自信がなくても、心配しなくてもいいのです。
子育て英語は、英語に関係のない暮らしをしてきた家庭でも、英語は話せない親でも取り組めます。

子育て英語や英語をプラスした育児は、決して特別なものではありません。
どんな英語レベルでも、英語が話せなくても、誰もがトライできますよ。

子育て英語で、親に求められる英語レベルは?

英語の子育てと育児英会話。

親が英語を話せないからといって、子育てに英語を取り入れられなかったり、効果がないと考えていませんか?
でも英語が得意だったとか、留学したとか、特別な学習経験の必要もありません。

「英語の世界を好きになってもらいたい」と思う愛情、これが大切です。
英語にふれながら、「子供と一緒に過ごす時間を楽しもう」と言う気持ちがあるかどうかです。

親の英語の関心や取り組みが、子供の英語への興味やポジティブな行動につながります。

英語がほとんど話せない・分からない親でも、英語を取り入れた子育てに挑戦して効果があったり、バイリンガルに育った子供もたくさんいます。

英語DVDやCD、英語の絵本など英語に囲まれて育った子供は、音や絵から豊富なボキャブラリーを吸収していきます。
そして、英語のシャワーを浴びて育った子供は、両親よりもずっといい発音ができるようになるのはご存知ですよね?

つまり、親が英語が話せない、英語の知識が高くないから、英語の子育てができないことはありません。
英語に自信のないパパママでも、英語を取り入れた子育てにチャレンジしましょう!

 

英語の発音に執着しすぎるのは、日本人の悪い傾向

ネイティブと全然違う発音や、日本語なまりのアクセントで子供に語りかける子育て。
「悪い発音が移って、子供が下手な発音になってしまうかもしれない。」と心配かもしれませんね?

赤ちゃんや幼児が言葉や発音を覚えるために、正しい発音を聞かせることは大切なことです。

ただ日本では、大人子供関係なく、英語の発音やアクセントに異常な執着があるように思えてなりません。

ネットやYoutubeに「発音のきれいなタレント・有名人」などの記事がありますが、こう言うのに関心があるのは日本人や中国・韓国ぐらいなのでは?と思います。
友人のネイティブ達、英語が第2言語のヨーロッパ人も「ナンセンスだね。」と言っています。

日本語を話す外国人の発音を、私達が気にするでしょうか?
「あの人"雨"って言ったけど、あれは"飴"のイントネーションだよね? おかしくない?」
なんて言わないですよね?

それよりも「自分の伝えたい事を表現できているか?」で「あの人は日本語が話せる」と評価していると思います。

じゃあ、綺麗な発音、正しいアクセントとは、どういうことなのでしょう。

例えば、インドやシンガポールは、公用語が英語で英語教育が確立されています。
でも、インドやシンガポールの人々が話す英語の発音やアクセントは独特で、日本人が聞きなれたアメリカ英語とは違います。

そのアメリカ英語でさえ地方に行けば、訛りが強くて、アメリカ人でさえ聞き取れない事があると言います。
日本のテレビを見ていても、地方の方言が分からないのと同じですね。

それぞれの国で独自に変化する発音やイントネーション。
それでもコミュニケーションには何の問題もありません。

言葉は、発音やアクセントだけが大事なのではなく、お互いの意思を伝え合う道具だということを忘れてはなりません。

当たり前の事ですが、発音だけ良くても、「自分の意思を伝える」「人の意見を聞く」「文を読む」「字を書く能力」がなければ、英語を使えることにはならないのです。

 

親のダメな発音は、子供の発音を悪くする?

英語の子育てと育児英会話。

赤ちゃんや幼児の英語教育は、英語の音を聞き取れる脳を育てるのに効果的です。

英語DVDや音楽CDなど、たくさんの英語教材は、子供を英語の世界へ導いてくれます。
映像や音楽の刺激は、言葉のインプットに効果があるのは言うまでもないでしょう。

英語DVDや音楽CDで覚えた正しい発音やアクセントを土台に、親の話す日本なまりの英語を修正し、発展させていきます。

子供の言語能力は、素晴らしいのです。

親は、RやLの発音が正しくできなくても、thの発音ができなくても、そんなことは子供の英語力には影響しません。

赤ちゃんや幼児期にネイティブの英語をたくさん聞いていれば、ネイティブに近い発音ができるようになりますよ。
だから、英語の発音が悪くても、英語ができなくても、気にせず英語の子育てにチャレンジしてくださいね。

関連記事:
英語ダメ発音ダメでも、子供の英語教育を成功させる子育て法
子供の英語。自宅で費用をかけずに力伸ばす必要のあるママへ
子供の英語。話せない親に必要な英語レベルとは?
・ 林修先生の賢い子供の育て方。失敗しない、英語が身に付く児童英語教育のヒント
子供は英語が嫌い? 日本語&英語で育てる心配と不安
英語で語りかけ。実践のための「ゆるい育児ルール」
・ 幼児・子供の英語教育。続かない!お金と時間のムダ!
・ 子供は英語が嫌い?日本語&英語で育てる心配と不安
・ 幼児・子供の英語教育。続かない!お金と時間のムダ!
・ 児童英語教育はデメリット? YouTubeの無料教材は英語の必要性を教えてくれる!
・ 子供の英語の習い事。家庭で身につく英語力を育て伸ばす学び方
こままご
この記事はお役に立てましたでしょうか?
過ごしやすくなってきましたね!子育て、頑張ってね! 

運営者情報

 - 英語の子育て法, 英語教育・教材 , ,