クレンジングの仕方間違ってない?選び方を間違えると大変なことに!

   

 

クレンジングは、メイクアップを落とすためのものですよね。

でもしっかりと汚れを落とそうとして、肌トラブルを招いてしまう事もあるのです。

敏感肌や肌荒れしやすい人は、肌に負担をかけないクレンジング方法をマスターしましょう。

 

あなたのクレンジング、間違ってない?

正しくクレンジングできてるかしら?
普段しているスキンケアにチェックしてね。

 

1.クレンジング料は、しっかり落ちるオイルタイプがベスト
2.ポイントメイクは専用のポイントリムーバーを使う
3.クレンジングはぬるま湯ですすぐ
4.化粧水と乳液だけの時も、クレンジングが必要
5.毛穴の汚れを取るクレンジング料のマッサージが良い

全部yesと答えたあなたは、肌荒れまっしぐらよ。
どれが正しいのか、説明していくわね。

 

クレンジング化粧品が、肌にダメージを受ける?

 

落とし残しがないように、しっかりクレンジングを心がけていますよね。

でもこれが敏感肌や乾燥肌を作る原因になっているんです。

それはメイク落とすクレンジング化粧品は肌に負担がかかる成分が多く含まれているからです。

メイクがよく落ちても、刺激が強すぎるクレンジング化粧品を使うと、肌にダメージを与えて、肌トラブルを学んでしまうこともあるのです。

だから価格や手軽さでクレンジング化粧品を選ぶのではなく、自分の肌に合う質の良いものを使うのが大切なんです。

大切なのは、クレンジングするときに肌をこする刺激がないものを選ぶこと。

指の刺激が肌に伝わりやすいものは、肌を痛める原因に。

せっかくメイク落として、肌の状態を良くしようとしているのに、刺激や摩擦で肌を痛めてしまうと意味がないですよね。

では実際に、どんなクレンジング化粧品を選べば良いのでしょうか?

 

クレンジング化粧品は、形状で選ぶ

クレンジング化粧品は、主に2つの成分でできているの。

・メイクアップの成分に含まれている「油分」
・油分を乳化する「界面活性剤」 ⇒界面活性剤は、肌に刺激を与える

オイルタイプやミルクタイプといった形状は、「油分」と「界面活性剤」が含まれている割合で決まるのよ。
クリームタイプやミルクタイプ、オイルタイプとか、どう違うのかわからないよね。
クレンジング化粧品の形状で、界面活性剤の刺激や洗浄力はある程度わかるのよ。

クリームタイプ

比較的刺激が少なく、油分と水分のバランスが良く、メイクの汚れを浮かせやすい。
適度な硬さがクッションになって、肌を強くこすらずにすむ。

ミルクタイプ

水分が多くてメイクになじみにくいので、洗浄力は弱め。
メイクが落ちず、顔を強くこする原因に。

ジェルタイプ

透明と乳白色の2タイプがあるジェルタイプ。
透明ジェルタイプは、界面活性剤が多く刺激が強い。
適度に油分を含んでメイクになじみやすい乳化ジェルタイプは、肌の刺激も比較的弱め。

リキッドタイプ

油分が少ないのでメイクになじみにくいので、界面活性剤が多く含まれている。
さらさらして流れやすいので、指の摩擦が強くかかりやすい。

オイルタイプ

メイクアップを落としやすい代わりに、オイルを洗い流す界面活性剤も多め。
指の摩擦が強く肌に伝わりやすく、肌にもマイナス。

拭き取りタイプ

メイクを浮かせる油分をほとんど含まないので、界面活性剤が多め。
起きとるときの摩擦で、肌が傷つきやすい。

敏感肌は摩擦や刺激の強い成分に弱いので、適度にメイクの汚れを落として、刺激が少なめのクリームタイプがオススメ。
メイクの汚れを浮かせてやすく、肌の刺激も弱い乳白色の乳化ジェルタイプも◯よ。

 

クレンジングで100%落とさなくても良い

メイクを落とすときに、クレンジングの後に洗顔料でダブル洗顔する場合は、手早いクレンジングを。

クレンジングでメイクの6割程度を落として、残りは洗顔フォームで洗い流しましょう。

クレンジングにかけるのは、1分が目安。

「え?そんな短く?」と思うかもしれませんね。

でも、クレンジング料金を洗い流した後、べとべとしているぐらいがちょうど良いのです。

クレンジング化粧品を肌に馴染ませるのに約40秒、すすぐのに20秒、これで十分です。

クレンジング化粧品は、肌に負担をかけるから、少なめに使うほうがいいと思う?
うーん。クレンジングって流しちゃうからもったいないしね。
でも、クレンジング化粧品でマッサージするときは、いっぱいつけるよ。
え? クレンジングでマッサージなんてしちゃ、強い洗剤で顔をこすってるようなものよ!
もっと自分のお肌を大切にして!

 

40秒ルールのクレンジング法

肌の刺激を少なくするために、クレンジング化粧品を多めに手に取ります。

肌が濡れていない顔に、素早く広げます。

最初は日風が強いTゾーンを、指の腹を使って優しく伸ばします。

両ほほやあごのUゾーンに、クレンジング化粧品を優しくなじませます。

最後に皮膚が薄くてデリケートな目元と口元を、こすらないように伸ばします。
ここまでが40秒です。

手のひらで作ったぬるま湯を、手が顔にふれないように、お湯に顔をつけるように軽くすすぎます。

手早く流すのに、温度が低めのお湯、弱めの水量ならシャワーを使っても大丈夫です。

運営者情報

 - 健康・食事・美容, 美容