紅はるか(サツマイモ)の通販お取り寄せ!【11月12ごはんジャパン】茨城ひたちなか

      2017/01/31

11月12日のごはんジャパンで、サツマイモ・紅はるか(べにはるか)が紹介されます!

茨城県ひたちなか市で育った、甘くシットリした育った紅はるか。

実りの秋に食べたいサツマイモ、紅はるかの通販・お取り寄せ情報をチェックします。

今週の土曜の夕方、レビは芋特集?

青空レストランでは紫山芋、ごはんジャパンはサツマイモで対抗すると言う芋対決になりました。

果たして勝敗はどちらに?(笑)

「スポンサーリンク」

 

紅はるか、焼き芋にするとシットリ♪

ごはんジャパンで紹介されるサツマイモは、紅はるか(べにはるか)です!

聞き覚えのない品種ですが、最近登録されたばかりの新ブランドのサツマイモなのだそう。

紅の豚を思い出すのは私だけ?

かわいらしくてホッコリするネーミングのさつま芋です。

その特徴は、甘くてシットリした食感と味わい。

サツマイモの中でも糖度の高い品種で、焼いたり蒸すなど熱を加えることで、一気に糖分が増えるそうです。

さつま芋好きの好みは「ホクホク派」と「シットリ派」に分かれますが、紅はるかは滑らかな舌触りが人気の秘密なのです。

最近は、口の中でポロポロになるホッコリタイプよりも、クリームのような質感のさつま芋が流行りだとか。

黄金色に輝く美しい色で見た目も良く、料理のしやすさも関係しているようです。

「スポンサーリンク」

 

お芋は収穫後寝かせることで甘みが増すのですが、それは次回のごはんジャパンで紹介されるキュアリングで紹介されます。

キュアリングとは、収穫したサツマイモを貯蔵する方法ので、温度や湿度を管理して甘さを引き出す科学的な方法なのです。

大地の恵みで育ったお芋が、人間の知恵でおいしくなる、自然と人とのコラボレーション、それが「紅はるか」の甘さやシットリ感を生み出してくれます。

 

紅はるかの産地:茨城県ひたちなか市

紅はるかの産地になるのが、茨城県ひたちなか市。

ひたちなか市は農業が盛んで、お米とサツマイモの一種である「甘藷(かんしょ)」を主に生産しています。

そして特に「ほしいも」は日本一の生産量を誇っていて,ひたちなか市農業の基幹となっているのだそうです。

その甘藷で有名なのが鹿児島県ですが、茨城県は全国2位の収穫量を誇っています。

甘藷を蒸して乾燥させたものが干し芋で、干すことでさらに甘みが増します。

干し芋は、疲労回復や高血圧の予防はもちろん、アンチエイジングや肌荒れを改善する働きがあり、健康志向の人の間でも最近特に注目されています。

 

 

地場産業の干し芋を支えるのが、ひたちなか市と東海村、那珂市で作られる「ほしいも協議会」。

生産、貯蔵、加工改善、生産価格の安定、消費拡大、優良品種の普及など、干し芋王国繁栄のための活動をしているそうです。

そして、ひたちなか市での生産者には品評会に入賞している農家が7件もあり、他の地域の生産者と比べて格段の品質の良さを誇っています。

「スポンサーリンク」

 

紅はるか お取り寄せ・通販情報

そんな紅はるかは、通販でもお取り寄せできます。

≫≫楽天で購入する

≫≫アマゾンで購入する

番組では、紅はるかを使った絶品スイーツ・サツマイモのミルフィーユ仕立ても登場します。

そのスイーツを作るパティシエ・高木康政さん監修のお菓子も通販できますよ★

≫≫楽天で購入する

≫≫アマゾンで購入する

運営者情報

 - 健康・食事, 健康・食事・美容